2020年01月07日

2020年1月の練習記録

2020年1月5日(日)13:00〜16:50
琴似 レンタルスペースVega スタジオ7
参加者3名…マンドリン/マンドラ/マンドセロ

練習した曲
○Fuga No.8(バッハ)4分半
〇セイキロスのスコリオン(いけこ編曲)4分半

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

弾き初めは、札幌でした。
年末年始に個人練習ができたので、みんなレベルアップしたかも!
フーガは、四分音符M.M69くらいが心地よいねと言いながら、実際に弾き始めると72くらいなので、通して弾くと4分半くらいになっています。
参考に聴いた演奏の中でも、メンバーによって好みが違うからかも。わたしはゆったりした演奏のほうが、幽玄な感じが出て好きです。
いちばん最後に弾いたときに、
「いいぞ、いけやん、美しいぞ!」と思ってもらえました。
いつも美しいぞと思ってもらえるよう、がんばります(笑)。
セイキロスは、セロのメロディが、かなり作りこまれていました。
アレグロに入る前に、いったん止めるようにしました。
けっこういい感じに、躍動的になってきました。

打ち合わせ(飲み)では、競走馬の話とか、5月31日の音楽祭の話とか。
(帰って予定を確認したら、いけこ出られなかった!)
次回の練習は、2月1日です。
posted by いけこ at 12:16| Comment(0) | 練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

2019年12月の練習記録

2019年12月21日(土)13:00〜17:00
旭川市 サン・アザレア ホール
参加者3名…マンドリン/マンドラ/マンドセロ

練習した曲
○Fuga No.8(バッハ)5分半
〇セイキロスのスコリオン(いけこ編曲)

マンドリン四重奏演奏会に向けて、曲目も決まり、演奏する楽器も決まったので、荷物が軽くなりました。
このフーガは、試し弾きしかしていなかったので、まずは各自、いろんな人のピアノ演奏を聴いて曲を把握してきました。
フーガはもともと三声に作られているので、わたしたちはそれぞれのパートを弾けばよいわけですが、それを鍵盤では二本の手で弾き分けるのですよね。あらためてバッハすごいな!と思いました。
もっとこの曲をとらえて、全体を作っていくために、自分のパートだけでなく、他パートの把握もしたいですね。
セイキロスは、こんな感じで弾こうと、いろいろ意見を出し合うことができました。
年内の練習は、これで終わりです。よいお年を!!
posted by いけこ at 15:38| Comment(0) | 練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月の練習記録その2

2019年11月30日(土)13:00〜17:00
旭川市 サン・アザレア ホール
参加者3名…マンドリン/マンドラ、マンドリン/マンドラ、マンドセロ

練習した曲
〇セイキロスのスコリオン(いけこ編曲) 3分半
○Fuga Canonica(バッハ)
○Fuga No.8(バッハ)5分半

リコーダーの曲集より
〇彼こそが海賊
〇ワルツ・フォー・デビ―
〇二人でお茶を

〇雨やどり(いけこ)
〇四声のソナタ集より No.2(パーセル)
〇四声のソナタ集より ゴールデンソナタ(パーセル)

前回の打ち合わせで出ていた「セイキロスの墓碑銘」について、いけこが編曲してきました。
紀元前2世紀頃から紀元後1世紀頃と推測されているそうですが、残っているのは歌詞と旋律の指示だけです。それが残っているだけでもすごいものですが、実際どんなふうに演奏されていたかは、わかりません。音は消えてしまいますから。
最初は、当時の音楽に近づけようとして編曲していたのですが、そんなんわかるわけないわ!と、ボツにして、一から作り直しました。
「ドローン、チャラ―ン、ガシャーン」というリクエストに、がんばって応えてみましたが、
結果、「チーン、チャラチャラチャラ、キャンキャンキャン…」になりました(笑)。

〇「平均律クラヴィーア曲集第1巻」より Fuga No.8(J.S.バッハ)←BWV853の、三声のフーガを演奏します。
〇セイキロスのスコリオン(いけこ編曲)
2月の「マンドリン四重奏演奏会」には、この2曲でエントリーします!
(申込提出済み)
posted by いけこ at 11:02| Comment(0) | 練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする