2019年11月12日

2019年8月の練習記録

記録を怠っていました…。

2019年8月31日(土)13:00〜16:50
レンタルスペース ベガ  第3スタジオ
参加者3名…マンドリン、マンドラ、マンドセロ

練習した曲
○If Music be the Food of Love(パーセル)
○ここからうまれる(いけこ)
○Fuga Canonica(バッハ)

フェスティバルに向けての練習です。
Food(すっかりそんな呼び方に…)は、
・始まりの「溜め」
・2番の前のrit.
・終わりのrit.
など、揺らぎをかけるようにしました。
asakitchinさんいわく
「ちょっと遅刻したけど、ちゃんと入れました」という感じ。

打ち合わせは、“きんぎょ”にて。
posted by いけこ at 19:31| Comment(0) | 練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

第3回北海道マンドリンフェスティバルのお知らせ

DSC_0045 - 小.JPG

Sound-Holeが、この演奏会に出演します!

一般社団法人日本マンドリン連盟北海道支部創立50周年記念
第3回北海道マンドリンフェスティバル

2019年9月16日(月・祝) 12:30開場、13:00開演
札幌市教育文化会館 小ホール(札幌市中央区北1条西13丁目)
入場料 無料
主 催 一般社団法人日本マンドリン連盟 北海道支部
後 援 北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会


このマンドリンフェスティバル、前回は5年前、帯広で行われました。
わたしたちも2曲演奏しました。→こちら

わたしたちSound-Holeは、マンドリン、マンドラ、マンドセロの3名で、
If music be the food of love(音楽が愛の糧なら) パーセル作曲
ここからうまれる  いけこ作曲

の、2曲を演奏します。


このフェスティバルでは、北海道内の8団体が出演します。
団体によるカラーの違いも、お楽しみに!
道東マンドリンフェスティバルのみなさんも、出演します。
最後に合同演奏で「過去への尊敬」を演奏します。
マンドリン好きの方も、マンドリンをご存じでない方も、ぜひ聴いていただきたいステージです!


一般社団法人日本マンドリン連盟北海道支部 第3回北海道マンドリンフェスティバルのページはこちら
posted by いけこ at 21:00| Comment(0) | 演奏会の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

2019年7月の練習記録

2019年7月20日(土)13:00〜16:50
レンタルスペース ベガ  第4スタジオ
参加者3名…マンドリン、マンドラ、マンドセロ

練習した曲
○If Music be the Food of Love(パーセル)
○ここからうまれる(いけこ)
○Fuga Canonica(バッハ)

「Food」は、ゆったり弾きたいですね。

最初の音を「1.25倍」の長さで弾くとか。
「気持ち、たっぷり長め。『ファン』、って」
「そうしている我々が、その和音を聴いている感じ」

p subitoから盛り上がるようにして、
終わりの音は力を抜いて、ゆっくりと。
「ウウーっと行くけど、ハッと…」
「絶対的な音量と言うよりは…抜け感
って、ファッション用語!?
グーっとつまってファッと行くのがいいな。高まる思いが、ここにあるから」
田原俊彦の歌か!?
って、わかる我々、古いな。

この歌の、公開されている楽譜が手に入ったので、配りました。
シェイクスピアによる劇中セリフと、ヘヴニンガムによる歌詞も載っているので、参考に。

「うまれる」は、練習番号BとかEを出しすぎず、
Gは、メロディのパートが交代するのを意識して。
Eは、メロディがシンコペーション続きなので、あらためて譜読みをしましょう。

今練習しているのは、9月の北海道マンドリンフェスティバルで弾く曲ですが、その先の2月に向けて、ほかの曲も弾いてみました。
この日は、楽譜の都合でバッハ1曲のみ。
メガネを忘れて、沈没しかけたいけこでした。
もっと大きい譜玉で、写譜しなおしてやろうか!?

あとは、「Food」と「うまれる」の2曲を、繰り返して通し練習。

練習の終わりごろに、ぴよさん登場。ひさびさです〜!
ぴよさんに、セロを返却。
そして、琴似のきんぎょへ行きました。

次回の練習は、
8月31日(土)13:00〜16:50
ベガ スタジオ3です。
posted by いけこ at 21:56| Comment(0) | 練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする